77歳の老画家には見習うべき事ばかりでした。

2月21日
夕方、揚成源一家は無事セントレアに到着しました。

空港まで迎えに行き、帰りは瀬戸のレストランで夕食。
中国語・英語・日本語ごちゃ混ぜの会話も私達の友人関係を物語っています。
揚さん達の息子は小学校を台湾で過ごしてから兵役を逃れる為中学はギリシャ、
高校はスイスからフランスへ。大学はアメリカと、何語が彼の母国語なのか
解らなくなっているみたいです。やはり一番わかりやすい言葉は英語でしょうか。
若い頃大阪芸術大学に留学していた揚さんは、英語よりむしろ日本語。
私達は中国語はほとんど理解不能!

そんな中での会話ですが、長い付き合いが言葉の壁を取り除いてくれる様で、
何支障無く楽しい時間が流れました。

その夜、陶板の打ち合わせをかなり密にして翌22日は朝から夕方まで制作。
終了後、豊田の清豊寺古窯苑を見せて岡崎の犬塚政巳〈画家〉先生のアトリエに
訪問しました。

約20年前、揚さん一家はこのお宅で何日か逗留した事があるので
久しぶりの再会を手伝いました。
犬塚先生は交通事故で足が不自由になったり 大動脈瘤のステント手術をしたり 軽い
脳梗塞をしたり、まさに満身創痍の躰ですが、目下平家物語絵巻を制作中。

一日中アトリエにこもって制作する姿は見習うべき事ばかりでした。
[PR]
by teradabizan | 2007-02-28 14:32 | 日々の出来事
<< 元屋敷窯 いよいよ窯焚き 台湾から古い友人が来日!陶壁の... >>