陶芸家の父から現代美術家を目指す娘へ!

今日は娘の結婚式。生まれた時から仕事バカの父親ですが 29歳にしてようやく大学を卒業したと思ったら もう結婚。二、三歳の頃から泥まみれになって轆轤と戯れていた娘を思い浮かべます。陶芸は選択しなかったけど同じ美術を仕事に選んでくれた事は 父親の生き方をさほど否定している訳ではないと 勝手に思っているのは親バカでしょうか。 いずれにしても大変な世界に足を踏み入れた娘よ 自分の生涯を掛けて何が出来るか よくよく考えて生きて行って下さい!
[PR]
by teradabizan | 2006-01-21 15:31 | 日々の出来事
<< 岐阜県土岐市に残る元屋敷のぼり... 美しい今を型取りして保存したら... >>