桃山陶の名品を最も多く生産した元屋敷窯跡の映像も見られます!

最近私のDVDがリリースされました! 昨年来制作して来た陶芸教室のDVDです。
直接手をとって伝える事ばかりして来た今までと違い、映像だけで指導する事の難しさを
身を持って体験しましたが 自分にとっては良い経験になりました。
自分が轆轤を回している時の指先を 映像で見た時の感動は言葉に代えられ無いほどです、 長年修練して来た自分自身の指先がつい愛おしくさえなりました。
道具の作り方も常日頃は何気なくやっていたけれど 自分の道具についてのまとめをする事が出来ました。こんな事でも無いと一生感じられなかった感動と感想かと!
又土岐市の協力で元屋敷窯に関する特別映像も私達焼き物愛好家にとっては至宝に成る事請け合いです! 是非高覧のほど。
[PR]
# by teradabizan | 2006-02-01 10:47 | 日々の出来事

岐阜県土岐市に残る元屋敷のぼり窯を復元焼成して!

最近同年代の友人と話していると 定年退職の話しがよく出ます。私達作陶家には全く縁の無い話しと考えていましたが 自分の仕事の区切りを付けたり新しく目標を決めたりする為には 有る種の定年を考える事は必要だと感じる様になりました。昨年末に七年掛けて築いた元屋敷のぼり窯についてなぜ復元しようと思ったか 焼き物の歴史上どのような位置に有ったか 土岐市に残っている遺構からは焼成を推測する事は出来ません。3月19日 日曜日に名古屋市中区役所地下でそれらについて自分なりにまとめた事を お話しする事を区切りに 自分の焼き物に対する新たな出発にするつもりです!
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-27 10:31 | 日々の出来事

陶芸家の父から現代美術家を目指す娘へ!

今日は娘の結婚式。生まれた時から仕事バカの父親ですが 29歳にしてようやく大学を卒業したと思ったら もう結婚。二、三歳の頃から泥まみれになって轆轤と戯れていた娘を思い浮かべます。陶芸は選択しなかったけど同じ美術を仕事に選んでくれた事は 父親の生き方をさほど否定している訳ではないと 勝手に思っているのは親バカでしょうか。 いずれにしても大変な世界に足を踏み入れた娘よ 自分の生涯を掛けて何が出来るか よくよく考えて生きて行って下さい!
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-21 15:31 | 日々の出来事

美しい今を型取りして保存したら如何かな!

昨日はe-tougei石膏型の作り方の原稿書き。映像を見ながら作業の注意点を文章化するのは難しいものです!原型は夏高山の朝市で購入したカボチャ。私は何故かカボチャの形が大好きで既に十個以上型取りしています。原型のカボチャは有機質でほとんどが水分。今は土壌に還って似ても似つかぬ形にメタモルフォーゼしている事でしょう。しかし何時か生存していた証は私が型取った石膏型に残されています。
有機物の形態を美しい時期に残す方法は型取りして保存する事。若くて美しい人達、自分の今を保存したらどうでしょうか?
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-20 09:45 | 日々の出来事

2月28日は今年初めての火入れです!

中京大学豊田校舎脇に築いた古窯苑には四基の窯が有ります。岐阜県笠原で出土した大窯(妙土窯)、土岐市九尻で発掘調査された元屋敷窯(十四連房)、ヨーロッパで考案された倒炎式丸窯、それに現代風穴窯、総て薪で焚く窯です!
今年最初に火を入れる窯は穴窯で、2月28日が火入れです。焼き締め、火襷、伊羅保、灰柚、志埜、それに引き出し黒。後1ヶ月、最後の追い込み制作です。
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-19 10:01 | 日々の出来事

地底2000メートルの土石を焼いてみたいな?!

昨夜は広島大学の微生物研究者来訪。地底2000メートルの穴を瑞浪?に採掘中とか。掘り出した土石を焼いて見ようと話しが弾みましたが、水中のホウ酸が基準値を超えて含まれていて採掘中断中とか!面白い物質は簡単にはゲット出来ませんね!!
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-18 09:41 | 日々の出来事

もぐさ土

滋賀県の陶芸ファンからもぐさ土についての問合わせ。もぐさ土は岐阜県の東濃地方から産出する粘土で、志埜 織り部 黄瀬戸など桃山陶に挑む陶芸家にとっては一番大切な粘土です! 私が雑誌に書いたのを読んだ内の一人の様です。 少し購入したいとの事、皆自前で掘っている為、お金で買う事はとても難しい事を告げると大変に落胆していました。 その内もぐさ土採掘ツアーでもやってみようかな!
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-17 16:41 | 日々の出来事

新入生徒さん穴窯で焼く志埜に挑む。

1月14日 日曜日は教室に浜松から新入生徒二人 内一人はプロ顔負けの腕前。
早速我が陶芸教室取って置きのもぐさ土三種類準備 。
内一種類は私が美濃の山から掘り出したモノ 。
志埜をやるには何と言っても良いもぐさ土を手に入れる事が基本。
どんな志埜が出来上がるかな!
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-16 09:45 | 日々の出来事

土は生き物

昨夜1月13日久しぶりに徹夜してパエリア皿の仕上げをしました。土は生き物で 今仕上げをしないと死んでしまう!そんな時期が時々有ります。寝食を忘れて徹夜するのは当たり前と考えて作陶して来ましたが 還暦を後二年半後に控えた私の体力にはかなり応えました。お陰で今朝の岐阜県現代陶芸館での加藤卓男展オーブニングレセプションには遅刻 でも会場は友人知人がいっぱいで新年会も兼ねてしまう結果で 大満足 それにしても卓男ラスター 見応え有りで 徹夜疲れがフッ飛びました。
[PR]
# by teradabizan | 2006-01-14 17:53 | 日々の出来事