Re:エキサイトブログからのお知らせ

f0042610_8363556.jpg

f0042610_836359.jpg

寂光廟のDVDが出来上がりました。 2年余り手掛けたモニュメントが3月末に完成して 5月10日に落慶式を済ませて漸く肩の荷が降りましたが 場所が山形県酒田市故 多くの知人友人に見て貰い難いので 制作から設置までをまとめて見て頂きたく制作してみました。 平行して新しい窯〈山茶窯〉は2度焼成2度ともまずまずの成果が得られて 我が教室〈美山陶芸教室〉は新年早々に皆さんで焼成する事になりました。 近隣の方々のご理解も得られそうなので 次なる窯の築窯計画に入りたいと考えています。
[PR]
# by teradabizan | 2015-12-24 08:36 | 未分類

夏に築いた薪窯の初窯です。

f0042610_12311330.jpg

f0042610_12311370.jpg

夏中作っていた薪窯に火を入れました!小さな小さな窯で 行って来いとかまって来いとかと呼ぶ窯です。今日11月25日水曜日大安吉日。 朝9時に火入れして3時間半 730℃ これから一昼夜寝ずの番を行います。
[PR]
# by teradabizan | 2015-11-25 12:31 | 未分類

茶室の完成まであと一息。

f0042610_1210167.jpg

3年前から大工の長江敏男さんと二人三脚で築いて来た茶室があと一息で完成します。 以前職人さん達が住んでいたボロ小屋を二人で改築 細く節だらけの柱全てを尾鷲桧に替えて天井板、床板、腰板などなど全ての材木は尾鷲桧 壁は竹でコマイを編み壁土は荒壁から中塗り仕上げ壁と日本建築を見よう見まねで作り上げたのです。 未だ70台だった敏男さんは来年早々には82歳 時々体調を崩されるがまだまだ健在 はてさてこの茶室は私の隠居所に成りうるかどうか?
[PR]
# by teradabizan | 2015-10-21 12:10 | 未分類

夏休みツアーで海山の窯場に 愛知淑徳大学福祉貢献学部一年生仲良し4人組

f0042610_9575084.jpg

3月末の酒田市妙法寺モニメント設置と 5月の落慶式に山形県に行って来てから暫くご無沙汰していましたのは 今回の窯焚き〈三重県海山〉準備に夢中になっていたからです。8月22日瀬戸を出発して海山に 翌23日には淑徳大学福祉貢献学部の一年生4人が来訪一泊二日の合宿を楽しんで行きました。体はもう十分に生長した女性だけど気持ちはまだまだ幼くバ―ベキュでお腹を満たし後の花火に興じる様に 私も童心に帰って一緒に楽しみました。明くる朝心配していた台風も逸れなんとか天気も良かったので 波浪注意報が出ている海を避けて銚子川へ送り込みました。 今の日本ではなかなか見られなくなった透き通った川で 純真な自分自身を見つめた事でしょう。二日間お世話して頂いた濱口夫妻にお礼を告げて立ち去った学生達を見送ったら天気は俄かに崩れ直ぐに土砂降りの雨になってしまいました なんとも幸運な学生達でした。 その後の一週間は私にとっても幸運この上ない日々で 制作したり、散歩したり、ボ―っとしたり数年間味わった事の無い充実感を覚えて過ごしました。29日土曜日には鉄平始め
スタッフ一同勢揃い いよいよ窯詰め開始です。3日間穴ぐらの様な狭い窯内での作業は足、腰、背中等々に掛かった負担は計り知れず 特に膝は直立出来ないほど痛くなってしまいました。 9月2日夜10時に火入れ 嬉しさのあまり過飲 翌2日朝は6時から窯焚き当番なので超早起きしました。少々酒臭い窯焚き男になってしまいました。されど自慢の窯〈私が今まで築いた100基ほどの窯の中でベスト5に名を連ねる窯〉は静かに黙々と熱を溜め込み昼前には目標温度の1200℃を突破 14:00には黒瀬戸黒〈引き出し黒〉を出してみました。 既に焼けすぎぐらい 早速茶碗5個ぐい呑み4個〈うち1個は途中で落としてしまう〉 焼き上がりはまずまず。
[PR]
# by teradabizan | 2015-09-10 09:57 | 未分類

-

f0042610_1951497.jpg

山形県酒田市妙法寺にモニュメント設置にに来て早くも8日目毎日クタクタになるまでの設置作業は 67歳を間近ににした老体にはかなり過酷です。 それでも息子と二人で朝から夜まで とても息の合った時間だと痛感しています。つい最近まで自分が己がと頑張って来ましたが 今回の設置作業では息子がこんなにも成長したのかと嬉しい反面自分の老いを感じざるを得ませんでした。まだまだ陶芸家の仲間では鼻たれだけど 今から10年間くらいが心技体と全てが充実していると自負しているので 息子の事は認めるけど 全ては任せられ無いぞと自身に言い聞かせる日々です!
[PR]
# by teradabizan | 2015-04-02 19:51 | 未分類

国立市の一ツ橋大学西門前に設置された織部の地球儀

3月9日夜大雨の中での積み込み作業は兎に角大変でした。 されど若手コンビは頼りがいが有り ビショビショになった体を簡単に拭い直ぐに東京に向けて出発、 息子その嫁ともうすぐ3歳になる孫娘そのお守り役の私の妻 出発は22時を過ぎていました。行き先は私の長女一家が住む東京東村山市 そこで宿泊しながら設置作業 時間との闘い更に悪天候の中無事設置完了は11日 その日の夕方には帰宅しました。さすがに疲れて果てた様子!若手コンビの留守中私は酒田市妙法寺モニュメントの梱包作業 腰痛に悩まされながら各部品の点検 設置後の姿を想像しながら頑張りました。
[PR]
# by teradabizan | 2015-03-13 01:00 | 未分類

陶板をほとんど取り付けた地球儀。

f0042610_10192996.jpg

昨年8月から始めた国立市野外彫刻コンペは一次審査、二次審査と通過していよいよ作品設置まで10日余りになり 制作は佳境に入りました。地球儀全体を緑一色にしましたが 地球全体が緑に覆われた美しい自然一杯な星になる様 切なる願いを込めてです! 緑色は織部釉を掛け焼成は尤も初源的な穴窯で焼き上げました。もうすぐ完成頑張らねばF6C2.gif
[PR]
# by teradabizan | 2015-03-04 10:19 | 未分類

台北市内のギャラリーで!

f0042610_2372192.jpg

1月20日後期授業終了 淑徳に勤めだしてまる6年が経過しました。若い頃師匠馬場彬先生に 作家を目指すなら常勤の先生業は遣るで無い! と一喝されてはや50年近くが過ぎ去りました。その間非常勤で愛知教育大学を始め豊橋短期大学、瀬戸窯業高校専攻課等々40年近く携わって来ましたが 2008年満60歳を目前に愛知淑徳大学に専任の教授として迎えて頂いたのでした。 還暦を過ぎてからの常勤なら天国の馬場先生も大目に見て下さる事と 自分勝手に考えています。 最終授業が終わったので1月25日早朝から台湾出張 と言ってもほとんどは旅行気分35年前からの画家の友人 揚成源氏と会い台湾の美術界現状を知る事 及び陶芸企画ギャラリーとの折衝である。しかし台湾訪問は7年振り何もかもが変わり35年前に来た頃とはまるで違ってしまった様だ!表面的には大発展したかに見えたけれど 人情味溢れた以前の人達にはなかなか会え無くなってしまった様である。 それでも私達の年代がなんとか次世代との繋ぎの役目を果たす時ではないだろうか。今世界中でキナ臭い諍いが頻発しているが
美術の世界には諍いは無い筈 私は専門の焼き物を通して世界平和に貢献したいモノである。
[PR]
# by teradabizan | 2015-01-28 23:07 | 未分類

国立市野外彫刻コンペの作品

f0042610_10424759.jpg

今日14日は美山陶芸教室の忘年会 つい この間去年の忘年会をしたと思っていましたがF7F6.gif 一年の経過は早いモノです。しかし今年一年を日記帳で振り返ってみると実にいろんな事をしたモノだと自分で感心しています。1月の沖縄旅行、2月は尾鷲の窯焚きに始まり池袋東武本店での個展、その後イギリスコンウォル行きは3月20まで。4月からは淑徳大学の授業が始まり土曜日の集中講義もこなし  5月から酒田市妙法寺のモニュメント制作開始、6月は山形羽黒山で茶筅供養祭に参加、モニュメント制作は8月末まで休む事無く続きました。9月は尾鷲での穴窯焚き後国立市野外彫刻コンペのマケット作り11〜12月は恒例の勅題茶筅作り 全く目まぐるしい活動でした。
[PR]
# by teradabizan | 2014-12-20 10:42 | 未分類

6月羽黒山で行われた茶筅供養祭に参加した時に

f0042610_1457319.jpg

とうとう年末になってしまいました。今年も超多忙で自分探しは叶わず 全く何時になったら静かにゆっくり制作が出来る事やらF47A.gif 今年は2月の窯焚きに始まり池袋東武本店での個展 終わった翌々日早朝からイギリスコンウォル行き 帰って直ぐに酒田市妙法寺でモニュメントの打ち合わせ その後制作は真夏まで 9月にはその作品を穴窯にて焼成しかし一回の焼成では3分の1しか焼く事は出来ず 来年2月にもう一回火を入れなくてはならない予定です。9月はその他国立市野外彫刻コンペにグループ美山として応募 一次審査 二次審査と合格して来年3月までに設置しなくてはなりません。来年1月末から3ヶ月間イギリスコンウォルに行って築窯プロジェクトを行う予定をしていましたが 急遽中止 二つのモニュメント設置にあたらなくてはなりません。などなど66歳の老体は休む事無く走り続けて来ました。 果たして来年は?
[PR]
# by teradabizan | 2014-12-10 14:57 | 未分類