<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

帰国後すぐの超特急旅行

f0042610_15421838.jpg

オーストラリアから帰国して激動の2ヶ月間が過ぎ去りました。

帰国して直ぐに陶の会に呼ばれて尾鷲で展示会、父の不動産名義を
私に相続変更手続き、動産を母の名義に相続変更手続き等々相続に関する事は
日頃聞き慣れ無い言葉と書類の連続。

オーストラリアからロシア僧侶の来訪、今は旅行中だけどまだ帰って来るとか?
第二次部隊のオーストラリアからの来客は 私がオーストラリア滞在中大変
お世話になったカップル、ポールとジャッキー。
写真は中京大学豊田学舎にて、2005年制作の地球儀を持ち上げたスナップです!
彼らを連れだって浜松でお茶の先生にご挨拶、
そして11月に開催する展覧会の会場下見に浜名湖畔に行きました。
この会場となる建物はナショナル明かりのコンクールで大賞に輝き更にもう一つの
コンクール(このコンクールは400点以上の出品が有るメジャーなコンクールで
京都の楽さんが設計したとして多くの建築誌に掲載されている建物も出品され、
大賞の呼び声が高かったとか)に私達が訪問する前日に大賞に輝いたそうです。
お施主さんを始めこの建物に関わった多くの関係者も集まり皆さんで
喜びを分かち合いました。そんな建物で私達の展覧会が開催して頂けるとは
長年の付き合いが幸いしたのでしょうか!

次の日は伊勢神宮参り後尾鷲の登り窯へ行きました。
何時の日かこの窯でコラボレーションをと誓いあったのです。

そんな超特急旅行を終えて景徳鎮へ見送った後ハーブ抽出機の制作。
この優れ物がなかなか思い通りに製品にならず20個作ると半分はペケ。
焼き物師泣かせの代物だけどすこぶる評判が良く近い未来この抽出機を各家庭が
一個は必需品になる様な気がしてなりません。
新薬ばかりに頼らず人間古来の煎じ薬は地球温暖化にも優しい筈です!

中京大学のオ‐プン講座も昨日28土曜日の講座で最終日。
恒例の謝恩会も遣って頂き夜中までカナダ講座の準備をして今は成田、
これから2ヶ月間カナダグランドプレーリー及びエドモントンで講座と制作。
土との格闘が始まります。
[PR]
by teradabizan | 2008-06-29 15:42 | 日々の出来事

パエリア鍋の仕上げとジュンビキを製作。

f0042610_8481534.jpg
私も漸くPCでブログの返信が出来る様になりました。
庭園協会の石井さん、岩田さん熱海では楽しい時間を共有出来て嬉しかったですよ。
皆さんの作品がこの先どんな姿に変身していくか楽しみにしています。
本当は私が作品の近くにいて毎日粘土の乾燥状態を見ていたいところですが、29日朝から
カナダ行きなのでそんな事もして居られないのです。

今日はパエリア鍋の仕上げ。この鍋は直接火に掛ける事が出来、出来上がりを
そのままテ‐ブルに乗せられるのです。
我が家ではパエリアの外肉を焼いたり時には焼き芋をしたり、いろんな直火料理に
使っているのです。
夏だというのに良く売れる商品なのでカナダ出発前にまとめて製作しておくのです。

13日夕方オーストラリアからポールデビスとジャクリーヌクレイトンさんの二人が来日し
約10日間滞在の予定です。
その後ジュンビキ(ハ‐ブ蒸留機)の製作にも1日裂かねばなりません。
頑張る還暦より。
[PR]
by teradabizan | 2008-06-10 18:06 | 日々の出来事

庭師達に熱海MOAで焼き物体験をして頂きました。

f0042610_18581641.jpg

ロシア正教のサージ君は目下旅行中。23日頃に帰って来ると言って、
5月の末に我が家を出発しました。
入れ代わりにオーストラリアからポールデービスとジャクーリヌクレイトンの二人が
12日頃にやって来ます。またまた忙しくなりそうです。

私は一昨日から熱海MOAに来ています。庭師達に焼き物体験をして貰おうと
計画されました。計画者は日本庭園協会の河西 力氏。
河西氏とは20年以上の付き合い、お互い創作活動をしていましたが
二人でコラボレーションした事は有りませんでした。
二年前初めて、京都のMOA研修道場に作られた土塀に私が織部の屋根瓦を
載せたのがコラボレーションの始まりでした。
それ以降時々会う様になり 二人で次なる計画を次々に考えているのです。

二人共に今年還暦。これから若い人達にどのようにして自分達の構築して来た世界を
引き継いで貰うか、今が一番考え時と思っています。
故に今日の様なコラボレーションが実現したのです。

まだ少しは体力も気力も残っています。河西氏と私のコラボレーションを
今後とも宜しく温かくお見守りください。
[PR]
by teradabizan | 2008-06-08 18:58 | 日々の出来事

三日間でモニュメントの修復を完了させました。

f0042610_7231434.jpg

オ‐ストラリア国際薪窯コンファレンスから帰国して早や一ヶ月が経過しました。
月日の過ぎ去るのは早いモノだと痛感しています。

帰国してからのお話。

帰国して直ぐに尾鷲熊野古道センターで開催された(陶の会展)に招かれ行って来ました。
久しぶりの春カツオもたらふく頂きました。

浜松天林寺でのお茶の稽古にも何ヵ月振りかに行って来ました。

5月17日夜には、オーストラリアからサージさんが(ロシア正教会のモンク)来訪。
今は我が家に居候をしています。

先日、吉備高原都市に27年前に設置した
モニュメントの修復を依頼されて行って来ました。
ついでにと言っては失礼ですが、四国今治市に渡りお悔やみにも行って来ました。


カナダ行き迄はまだまだ雑用が続きますが、
全て終了させて措かなければならないと頑張っています!
[PR]
by teradabizan | 2008-06-01 07:23 | 日々の出来事