<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

薪窯コンファレンスにて

f0042610_17421551.jpg

Sturt 薪窯コンファレンスは盛大でした。
現オ‐ストラリア陶芸界の勢いが感じ取られる会でした。
世界陶芸会議議長のジャネットマンスフィ‐ルド(写真中央の方。一昨年の
美濃国際陶芸展では審査員として招かれました。)その夫チェスタ‐、オストラリア
ナショナルミュージアムのロバ‐ト ベル、オストラリア陶芸の父と言われる
ロバ‐トラッシュホ‐ド氏等、ほとんどの重鎮が顔を並べているのです。

一週間泊まり込みで行われるコンファレンスに私は二回のデモンストレーションと
四回のスライドプレゼテーションを遣りました。
大窯の築窯、のぼり窯の築窯、巨大な作品の制作過程、私の生まれ育った
焼き物の町瀬戸市の紹介等々です!
展覧会は八会場で開催していました。一番大きな体育館の会場では
50名以上の作家の作品と同時に焼き物関連の雑誌社が数社出版物を展示。
オストラリアだけでなくニュージ‐ランド・ドイツ・アメリカ等々の出版社です!

私の展覧会場は4人の講師とポ‐ルデ‐ビスの為に作られた特別展示室でした。
講師は私の他、アメリカのロン メイヤ‐ オストラリアのサンデー ロックウッドと
ロバ‐ト バロン。
今回のコンファレンスには日本の織部焼作家として呼ばれているので緑釉の
作品7点出品したところ、3日で全て売れてしまいました。

日本独特の緑釉作品は今回のコンファレンスでは人気を一人占めした感じでした。
日本陶芸、瀬戸美濃の陶芸の心意気を示せた気分でした。
[PR]
by teradabizan | 2008-05-29 11:17 | 日々の出来事

宿舎での生活が始まりました。

f0042610_1845998.jpg

初めて訪問した未知の国オーストラリアは 秋が深まりつつ有るといった季節でした 深緑のユウカリと真っ赤に紅葉して落葉を始めた楓等の木々が同居している不思議な景色でした。日本は今頃満開の桜かな等と推測しながら熟した柿の実を味わったりもしました。
私が滞在していたSTURTとは私立の女子校(半数以上が寄宿生)に付属する
クラフトセンターですが、施設はとても充実していて工房・ギャラリー・宿泊施設等々を
備えたクラフトセンターです。陶芸の他木工、織、染めが有り、中でも
定員10名の木工一年コースはレベルが高くほとんどの生徒は
プロデビユーして巣出って行きます。来年度の生徒も既に決まっていて
何年も入学を待たなくてはならない場合も有るほどです。
スタッフも皆有能な人達ばかりで中心になっているメイガン パティーさんは
自転車のロードレースのプロプェシヨナルとして高名だそうです。

到着後部屋の鍵の他事務所、陶房、ギャラリー等の鍵も貰いました。
2室と共有のリビングダイニングキッチンが有る一戸建てになっています。
各部屋の中は二つのベッドとかなり広い事務机、トイレ、シャワーと旅先で
生活するには充分機能を果たす空間なので満足しました。

しかし出発前の慌ただしさと疲れから風邪気味になってしまい、
さらに季節がまるで逆だったせいか一週間後辺りから身体中にかゆみの伴う
湿疹が出来てしまいました。
暫く躰を休めたら良くなるだろうと我慢をしていましたが
なかなかかゆみが無くならないし 湿疹は拡大している気がしたので
Paul(若を受け入れてくれた人でこの頃にはすっかり意気投合していました)に
相談したら 早速彼の友人である医者の何処に連れて行ってくれました。

医者は直ぐに診察してくれて、これはダニに喰われたんだ! と。
Paulは私に平謝り「ごめんなさい!恥ずかしい!」と言って飲み薬の他二種類の塗り薬を
買ってくれました。

帰り道ス‐パーマ‐ケットに連れて行かれて 下着からズボン・上着・靴下 まで
全て買ってくれました。

宿舎に戻ると全て新しい衣類に着替え、部屋の中に有った衣類全て袋に入れて
熱湯消毒して洗濯してくれました。
シ‐ツ、枕、の他二台のベッドも消却。私はスタッフ全員に謝られて、近くのホテルに
入れられました。

部屋を消毒して新しいベッドが入る迄ホテルで生活して欲しい!と
その徹底したホスピタリティーには感心する事しきり。

しかしもしかして
かゆみの原因がダニで無くジンマシンでだったらドウシヨウカ!と思うほどでした。
[PR]
by teradabizan | 2008-05-14 10:01 | 日々の出来事