<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パエリア皿と大すずめ蜂の巣が手みやげ!

f0042610_238318.jpg

f0042610_238479.jpg

写真家の知人が浜名湖畔に素敵な別荘を新築しました。設計はこれまた友人の建築家。

十五夜のお月様を見ながら新築の家を紹介するパーティーに招かれて行って来ました。
何かお祝いの品を準備しなくてはと考えて、今一番気に入っている
パエリア皿(直火に掛けられる陶板)と大すずめ蜂の巣をそれに当てました。
この日集まった人達は皆さん何でも持っているし、贅沢の限りを知っているので
驚かせる為にはあれこれ考えなくてはなりません。
この時は窯出しの時くらいドキドキワクワクします。

この日の大すずめ蜂の巣はその夜の話題を独占するほど受けました。成功!
[PR]
by teradabizan | 2007-09-27 23:08 | 日々の出来事

日本庭園シンポジウムに参加しました!

f0042610_17494448.jpg

写真は未来を担う若き庭師達のインスタレションです。

9月14日から東京に来ています。
14日の夜は新百合ヶ丘。ここには古い友人で元大手ゼネコンの設計室長だったTさんが
飲み屋を遣っているのです。
12~3人くらい座れるだろう客席は順番待ちが出るほどの人気!
元設計者らしく粋な空間は、殺伐とした都会で働く人達にとって無くてはならない
オアシスになっている様でした。

翌日から国際日本庭園シンポジウム。
早朝から早稲田大学大講堂で幾つも幾つもの講演。これほど多くの(440箇所)
日本庭園が世界のいたるところに作られているなんて想像出来ない事でした。

古いモノは明治時代初期のモノまで存在しています。日本庭園は出来上がった後の
手入れが重要課題です。多く庭はその後の管理不行き届きが目に余る様でした。
その管理を如何にしていくか 日本から熟練した庭師を招いて指導を仰ぐか、諸外国から
日本に来て庭園管理の基本を学んで帰るか、又古い形式だけの日本庭園を
気候風土の違う国に友好だけを歌い文句に築いてしまって良いのか?
時代は刻々と移り変わっているので 今の時代に即応した気候風土に合った
日本庭園を提案すべきではないのか、などなど熱く討議されていました。

今私達日本の陶芸家が世界のあらゆる国々で求められている様に、
庭師の世界も求められていました。

3日間の講演終了後、陶芸家と庭師が連携をとりながら
世界に日本の心を伝えて行きましょうと結ぶ事が出来ました!
[PR]
by teradabizan | 2007-09-18 10:53 | 日々の出来事

今年は二回目の尾鷲穴窯焼成です。

f0042610_1828111.jpg

10月20日から始める尾鷲の穴窯に入れる作品作りに精を出しています。
今回は尾鷲の生徒さん達の作品はほとんど無く、私の作品と窯の持ち主の
濱口さんの作品がほとんど。あれこれテストしたい事も一杯です。

久しぶりに気合いが入っています。
目玉は瓢箪二種類!自分で形作ったのでは無く、自然の太陽と水が作り出した
瓢箪を型どり、その型に粘土を押し付けて成形します。
同じモノが幾つもの出来上がるのです。それらを穴窯で焼成すると温度が高く
灰が良く掛かる場所で焼けたモノと温度が低く灰のほとんど掛からない場所とでは
似て非なるモノに成ります。
窯の中の火がどのように流れるかが解る作品に成ります。
焼成の形を自然の火の流れによって作る! これが今回のテーマです。

はてさてどんな火の流れになるか、
運を天に任せて窯焚きしたいと思っています。
[PR]
by teradabizan | 2007-09-12 18:28 | 日々の出来事

穴窯準備、着々進行中!

f0042610_005317.jpg

9月も三分の一経過した。
今年はカナダでの制作を1ヶ月で切り上げたので8月の始めに帰国して、
暑い暑い日本の夏を久しぶりに体験。つくづく日本人の体力に感心したのである。
そして 9月例年なら、まだ帰国したばかりで仕事に身が入らない状態なのだが、
今年はどんどん仕事に精がでる。
10月20日から始める尾鷲の穴窯に向けての準備が着々と進んでいて楽しみである。
[PR]
by teradabizan | 2007-09-11 00:00 | 日々の出来事

愛知北FMで話しをして!

f0042610_11472995.jpg

犬山市に有る愛知北FMで『なかさんと語る!』に呼んで貰いました。

9月1日
午後瀬戸の我が家を車で出発。目的地の犬山へは約40分。
こんなに近い地だったとは!!
美しい木曽川沿いには国宝の犬山城。戦国時代秀吉と家康が戦った
小牧長久手の戦いではあまりにも有名です。
せっかく犬山市を訪問するなら旅行気分でと一泊二日を決め込みました。
その話から夕食後、元犬山市長の石田氏とお会い出来る機会を与えて頂きました。
前々から気になる人でしたが、お会いしたらさらにファンになってしまいました。

次の朝さっそく犬山城そして街並みを長い時間をかけて歩いてみました。
日本人の持つ繊細な優しさがにじみ出る様な街でした。
現代人には是非とも散策してもらいたい地です、
きっとストレスから解放されることでしょう!

4時から5時まで1時間、私の焼き物感を話しました。
あまりにも短時間で話したい事が上手く伝わらなかったと思いますが、
又チャンスがあれば続きを話したいと思っています。
[PR]
by teradabizan | 2007-09-03 11:47 | 日々の出来事