<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宿泊先で泥棒に!!でも講演はウケにウケました!

10月31日

今日はアジアンハウスで講演をする日。
何と無く落ち着きが無いままギャラリーで終日過ごしていると、
宿泊先のゲストハウスからK女史に電話が。


何と!彼女の部屋に泥棒が入りノートパソコンが盗まれたと連絡が入りました。


しかし我々は何もする事が出来ないし、夕方からは
講演をしなくてはならないので只沈黙するだけ!
重い足取りでアジアンハウスに移動しました。

しかし行って見てビックリ!
メンバー以外は入れ無い立派な建物。
少し早かったのでまだ別の講演会が開催中、
終了を待って通訳のO女史とスライドの打ち合わせ。彼女は英国人以上に
英語が堪能だけど焼き物の専門用語だけは打ち合わせる必要が有りました。

隣の部屋ではT女史が私の器に特別な料理を盛り付けてのコラボレーション!

彼女はこのゲストハウスのトップデレクターの奥様で、影響力も大きい人の様です。
日本の焼き物の話と料理と言う組み合わせが良かったのか 、
この会場始まって以来最高の人出だとか。

当然私の講演にも力が入りました。
勿論 清豊寺古窯苑十年間のスライドの圧力が一番大きいけど、
ウケにウケた事は肌で感じ取れました。



ノリノリでゲストハウスに帰って来てみたら、

早速パトカーと云う現実に引き戻され夢から覚めた思いがしました。
[PR]
by teradabizan | 2006-11-28 08:00 | 日々の出来事

先ずは初日のオープニング

10月30日

最初のオープニング6時まであちこち遊び歩いて見学、
私はイギリスには今回で八回目なのですが
ロンドン市内をゆっくり見て歩いた事は有りません!

私の動きは全て仕事が中心だったからなのです。

今回は展覧会だけなので、特別な講座とパーティ以外は自由行動。
何だか気持ちは観光旅行でした。

ギャラリーに戻ると、ボチボチ来客が訪れ技術的な事や制作意図に対する
質問攻めにあいました。
ようやく来客も去り、少し落ち着いた時は
時間も10時近くになっていて、宿舎にたどり着いた時は三人ともグッタリ。

帰り道のコンビニで購入したワインとパンで反省会。

とても爽やかな充実した初日でした。
[PR]
by teradabizan | 2006-11-25 14:02 | 日々の出来事

遅くなりましたがロンドン展の報告

10月29日

早朝Y氏夫妻に見送りをして頂一路?ヒースロウへ

大韓航空なのでイーチョンでトランジット 9時間の時差が有るロンドン到着は
現地時間で16時。

先に到着していたマネージャーのK女史と無事合流してまずはお茶!
そしてパディントンまでエキスプレスで我が妻は腰痛がひどく
スーツケースが持てる状態で無く、K女史は作品包装用の紙を一杯持っている為
三人ともヨレヨレ。

そこからはタクシーでゲストハウスまで!
ロンドン市内が分かる様になってから、バカな交通機関を使ったものだと反省しました。
いずれにしても無事宿舎まで到着。

近くのイタリアンレストランでワインで乾杯。
明日からの健闘を誓いあいました。
[PR]
by teradabizan | 2006-11-24 18:50 | 日々の出来事