指の怪我も順調に回復しています。

f0042610_7353114.jpg

7月30日土曜日に海山入り 四日市鈴鹿の間は渋滞していない時が無く80分の遅れ それでも初めて瀬戸から尾鷲に行った時は9時間掛かったので その時の事を思ったら夢物語の様です。13:30に着濱口さんが炊き込みご飯を作っていてくれたので昼食に頂いたあと少し休憩して薪小屋整理から始めました。 気温は35℃ 日の当たっているところは40に ずぶ濡れになった作業着を変える事もしないで古道温泉に一直線 海山の濱口家にヘトヘトで帰り着き飲んだ冷たいビールの味は一生忘れる事が出来ないと思います。 翌日、翌々日は終日猛暑炎天下での薪割り作業 最後の8月2日午前中で全て終了と思ったとたんにホット気が抜けたのか 薪割り機で右手親指を負傷してしまいました。 潰した瞬間1989年の悪夢が頭をかすめました。あの時は左手中指を第一関節から砕き半分千切れる寸前でした 上手く縫い合わせて貰ったので無事くっ付いていますが もう少しで第一関節から無くなるところでした。今回も手袋を取るまではその時の事がフッと頭をかすめましたが 潰れただけ
で千切れてはいません。動かしてみると動き ちょっと安堵 水道水で洗い消毒する様は慣れた所作 なぜならもう今回で4回目。ご先祖様や神、仏に見守られいるとしか言いようの無い出来事が続いています。F3A6.gifF3A6.gifF3A6.gifF3A6.gifF3A6.gif
[PR]
by teradabizan | 2016-08-07 07:35 | 未分類
<< 海山の窯も21回目の焼成となる... この二日間屋外で薪割り機の近く... >>