織部、黄瀬戸、志埜、瀬戸黒等桃山陶復元を目指すには最適なモグサ粘土を採取する事が出来ました。

f0042610_21572016.jpg

f0042610_21572028.jpg

今日は人生最良の一日に加える事が出来る日となりました。 朝8時我が家を出発 興奮気味でハンドルを握る手が汗ばむほどでした、昨夜はなかなか寝付かれずどんな粘土が眠って居るのかあれこれ空想しているだけで胸がトキメキました。8半現場到着後早速スコップで不要な土を取り除き砂と粘土を丹念に区別しながら掘り進みます。砂と粘土の区別はとても就けにくく目と耳及び手触りとで掘り出すのです。格闘する事4時間余り 土嚢袋に30袋ほど掘り出したのです。最近ツルハシやスコップなどあまり持った事が無く 手のひらはあっという間にマメが出来 無我夢中故に出来たマメは直ぐに潰れ血を見てようやく現状を知り 急に痛みを感じるほどでした。格闘が済んだ後はただ只虚脱感 風邪気味だった喉は痛いし鼻水は出るし 先ほど迄の元気は何処へやら。それにしても素晴らし粘土一日も早く精製して作品にしたいモノです。
[PR]
by teradabizan | 2009-10-19 21:57 | 未分類
<< 最悪の体調の中 窯焚きは順調に... 孫の運動会! >>